こんなことできるの!?web制作の裏技

Javaスクリプトで次のページを自動で読み込ませる

web制作においては、自分で作ったり、無料で調達できるプログラムを使い、利用者がちょっとびっくりするような動作や表現をサイト上で見せることが可能です。たとえばどういったものがあるのかというと、スクロールするに従って、次のページを自動的に読み込んでいくというものが挙げられます。これはJavaスクリプトを使うことで実現可能です。
通常、一つのコンテンツで「その1」「その2」という風に話が分かれている場合、話ごとに独立したページを作成し、続きのページへのリンクを張っていって閲覧者に読んでもらうという作り方をしますが、閲覧者にはリンクをクリックさせるという手間をかけさせてしまいます。しかし、自動で次のページを読み込むようにしていれば、閲覧者はマウスのホイールを回していくだけでどんどん次のページを読めるので楽です。

CGIやPHPでサイトの人気記事ランキングを作る

運営しているウェブサイトの中で、どのページがもっとも多く読まれているのか、ランキング形式で表示するということも可能です。これは、CGI、もしくはPHPとデータベースの組み合わせで作れます。
作成から時間が経って、更新に伴ってコンテンツがかなり多くなったサイトの場合、古い記事が潜ってしまい、注目されなくなってしまうことが多いです。しかし、記事のアクセス数を集計し、ランキング形式で常にトップページに表示しておけば、どのページが人気があるのか一目瞭然なので、トップページを見てつまらなそうだから別のサイトへ移ろうということは少なくなります。また、古いページでも注目されやすくなるので、ページビューの底上げが可能になるのです。

webサイト制作では、不特定多数へ向けて積極的な情報発信を図れる他、企業や店舗などのPRにも役立ちます。

© Copyright Created Website. All Rights Reserved.